節分の福豆の残り消費レシピ!人気のキーマカレーで簡単大豆料理

節分福豆アレンジレシピ

節分で豆まきを楽しんだ後は、余った福豆を大量消費して台所をスッキリしたいですね。

福豆はそのまま食べることもできますが、簡単に水煮大豆のようになるので晩ご飯のメニューにできちゃいます。

今回は人気の大豆入りキーマカレーを作ってみました!

節分の福豆の残り消費レシピ!人気料理キーマカレーの材料

固い福豆を料理するなんてちょっと難しそうですが、5分で水煮ができて30分でカレーライスが作れます。

少し水を少なめにすれば大豆入りキーマカレーになります。

簡単キーマカレーの材料(8皿分)

さっそくキーマカレーの材料をご紹介します。

節分福豆レシピおすすめ

  • 福豆・・・50g(二握り程度)
  • カレールー・・・8皿分(固形でも粉でもOK)
  • ひき肉・・・300g
  • 玉ねぎ・・・中1個
  • トマト・・・中1個(あれば)
  • 残り野菜・・・1~2種類(あれば適量)
  • 水・・・700ml程度

今回はちょうどもらいものの「コスモ直火焼カレールー」という高級品があったので利用しましたが、カレールーは市販の固形のものでOKです。

福豆は、適当にふた握り程度入れてみました。もっとあってもよかったかも?お好みでどうぞ。

ひき肉と玉ねぎはあったほうがよいですが、トマトや残り野菜はあればで大丈夫です。野菜の量はかなりテキトーで問題ありません。

節分の福豆をリメイク料理!簡単大豆の水煮の時短戻し方

まず、固い福豆をやわらかい水煮大豆にします。

丸一日水につけておけば柔らかく戻って水煮になりますが、「そんなに待てない!」という方は以下の方法で時短できます。

1.福豆と水を鍋に入れる

節分福豆の水煮作り方

福豆と、福豆が浸るくらいの水を入れます。

2.弱火で5分ほど煮る

節分福豆大豆戻し方

水が沸騰したら、弱火にして5分ほど煮ます。

3.柔らかくなったらできあがり

節分の福豆を水で戻す方法

一粒味見をして、柔らかくなっていたらできあがり!5分から長くても10分以内でやわらかくなります。

カレーに入れる場合は煮過ぎないように注意です。

節分福豆をたくさん食べれる!キーマカレーライスの作り方

では、福豆の水煮を使ってキーマカレーを作っていきます。

1.野菜を細かく刻む

玉ねぎはみじん切りに、他の野菜も小さめに切り刻んでおきます。

2.肉と野菜を炒める

節分福豆を使ったレシピ

鍋に油をひき、ひき肉→玉ねぎ→他の野菜の順番で加えて、炒めていきます。

3.水を加えて煮る

水を加えて沸騰したら弱火にして煮ます。

水量は、カレールーの箱や袋に書いてある量よりやや少なめ(100~200ml程度減らす)にするとキーマカレーっぽくなります。

鍋にフタをしておけば、沸騰して火を止めても20~30分ほどで煮えます。(部屋が極寒の場合煮えないこともありますが)

4.カレールーを加える

節分福豆リメイク料理

材料が煮えたら、カレールーを加えてよく混ぜます。

5.皿に盛ってできあがり

節分福豆入りキーマカレーライス

ご飯と盛ればカレーライスに。ナンやパンでもイケます。

節分福豆アレンジレシピまとめ

前回の「チョコソース消費レシピ」は悲惨なことになりましたが、、、

【失敗・惨劇】余ったチョコレートシロップを消費しよう!ホットケーキミックスと炊飯器で簡単楽ちんなチョコバナナケーキのレシピをお届けしようとした結果・・・

今回の「福豆消費レシピ」はけっこう美味しくできました。

やっぱりカレーは鉄板ですね!

福豆は他にも、チリコンカン、鶏肉のシチュー、福豆のチョコレート掛け、すり潰してきな粉餅などなど、いろいろアレンジメニューが可能です。

まだ半袋ほど残っているので、またチャレンジしてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする